toggle
blog
2018-02-20 | blog

2つの応援について

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

久しぶりのブログです。

去年の10月くらいから私の周りが劇的に動き出しました。
あまりの展開にブログになかなか書けなかったくらい・・・。
正直、自分自身目の前に来ることに対応するだけで精いっぱい。
勢いに流されて着いたところでは、自分を前に出す場所が用意されていました。
 
少し長くなりますが、今後目指すこと、そして今、進んでいる2つの「応援」プロジェクト
について書こうと思います。
 (目次)
1.何気ない会話から始まった「だしパックプロジェクト」
2.ビジネスプランコンテストで優勝、クラウドファンディングへ
3.応援ということ
4.応援フェス
1.何気ない会話から始まった「だしパックプロジェクト」
だし教室をさせていただいている、デポーさんの店頭で去年の春、
五平もちを販売する機会がありました。
その時、一人で出店もさみしいので(笑)デポーさんに商品を出されている
だし屋さんとお味噌さんにも試食販売をお隣でしていただくことになりました。
その時に、立ち話で「御膳みそにあうだしパックがあるといいなぁ」と
お味噌屋さんが話されて、「だし屋さんもだしパック出しているのに大胆発言!」
と思いながら聞いていました。
御膳みそは徳島の味噌組合が商標登録されているお味噌で、麹歩合が高く
淡い香りが特徴です。
鰹節ベースのだしパックは鰹の香りが先にきてしまい、御膳みその香りが
目立たなくなる、とのお話しでした。
それを聞きながら、ひそかに「いりこのだしでとる、御膳みそのお味噌汁
は人気だったなぁ」と、シェアカフェしていた頃のことを思い出していました。
で、その時は「あったら使うのに」「依頼があれば作ります」という感じで(笑)
2.ビジネスプランコンテストで優勝、クラウドファンディングへ
「いりこだしのだしパックを御膳みそのために作ってみたい」
そんな思いが私の中にだしパックの話題の後、ずっとありました。
それは、いりこの美味しさを伝えたい、という想いと、だしソムリエになってから
出会った、いりこの漁師さんやだし屋さんから知った、いりこの現状からでした。
いりこの生産量も消費量も下がっている
このお話しを漁師さん、いりこ屋さんともに残念そうに仰る姿が忘れられませんでした
私たちの生活様式の変化、食の欧米化、そして原料のカタクチイワシが漁獲量の減少などなど
理由はたくさんあります。
特に瀬戸内海は良質ないりこの生産地で、だしソムリエ講師陣も香川県の伊吹島へ現地視察へ
行って勉強します。
いりこの消費拡大に向けて応援したい、そんな風に思っていました。
私が現在教室を開催するためにシェアオフィスを借りている、イノベーションセンター徳島さん
でこのことを話したら、「クラウドファンディングで作ってみたら?」と言われました。
聞いたことはあったけど、未知の世界。
だし屋さんとお味噌屋さんに言ってみると、「なんかわからんけど、面白そうやなぁ」との反応。
また、管理栄養士さんにもお声かけして、「なんかわからんけど面白そうな、御膳みそにあう
だしパック作り」に向けて、なんとなく動き出しました。
実は、イノベーションセンター徳島ではイベントとして、
こんなことを企画されていて、
 食⇒クラウドファンディング⇒コンテスト
の流れ
まさにタイミング的にはぴったりだったらしく、実のところ、「商品を作る」ということの
シビアさも心構えもないままに、このビジネスプランコンテストに応募することに
なりました。(まぁ、のせられた感もありつつ、自分で応募することは決めたんですが)
だしパックを作るなら、だしソムリエとしてのこだわりや四国・徳島を盛り上げ応援する想い
をのせて作りたい!ビジネスプランにはその想いをそのままぶつけた、という感じです。
日程の余裕もなく、最後は2日間、子どもたちが寝てからパワーポイントを徹夜で作りあげ
プレゼンする羽目になりました。
そしてなんと、優勝してしまったのです!
なんとなく動き始めた「御膳みそにあうだしパック」がチームとして動き出した出来事でした!
この時、審査に来られていたのが、ペライチ社長の山下さんです。
(この後、またまた巻き込まれることをこの時は知らなかった・・・)
山下さんから「この商品ができたら誰に届けたいですか?」と質問され、
私の頭の中では「若いお母さん」のイメージがあったのに、「娘です」と
無難に答える自分がいました。まず、家族に使ってもらえたら、と思っていたので。
(このイメージが後々大事になるのですが)
その後も山下さんからは「だし」を伝えるのにはプロセスが必要なことや
そのアイディアも熱く熱く熱く(笑)語っていただきました。
山下さんの地方を応援したい気持ち、チャレンジしたい人を応援したい気持ち
熱く熱く熱く伝わってきました。
「私はなんでこれをしたいのか」
ということを真剣に考えさせられました。(今さらかい!のツッコみが~)
そして、ますますこのだしパックを作る意味と自分の夢が重なっていくのでした。
3.応援ということ
クラウドファンディングで大切なことは、応援してもらう人を増やすことです。
自分の想いを伝え、それに共感して出資していただく。
この商品を作ることが自分の想いと重なる、応援したくなる
そう思ってくださる方が必要です。
 私に応援してもらう資格はあるのか?
大きな声で(実際は出さなくても)、想いを伝える強い気持ちはあるのか?
だしパックとずっとその商品を使ってくださる方々を愛し続けることはできるのか
商品を試作したり、作っていく作業は楽しかった。
でも、商品化という時、急に不安になる自分がいました
クラウドファンディング会社の方に言われました。
応援する側と応援される側
「応援される側は責任がある。覚悟がいります。」と。
その覚悟を後押ししてくれるのが応援です。
そして、応援される側は「応援されること」にためらわない、
真っすぐな気持ち、嘘のない言葉と態度が大事だと思います。
何度も自分に問いかけた質問
「私はなんでこれをしたいのか」
この答えが見えたとき、やってみよう、と思いました。
4.応援フェス
ペライチの山下社長とはFacebookでつながっていました。
山下さんが「おうえんフェス」について掲げられたとき、「応援」について考えていたので、
「応援したい」と思いました。
でもでも、ここでも私は「応援される側」に!
おうえんフェスでは、応援してほしいことを3分間スピーチして賛同して
いただける方に投票してもらいます。そして、全国のTOP3が東京でスピーチ
をしておうえん王が決まります。
ええんかなぁ、私よりももっとずっと応援されるのにふさわしい人、いっぱいいるのに。
とか
ここに出ることで、また家族に負担をかけてしまうんじゃないか
とかいろんなもやもやが出てきました。
でも、とにかく迷ってる時間がなかった(笑)
そして、私にはこれまでのことで「食」を本来の形に取り戻したい
という想いが見えてきて、それを全国に伝えるチャンスだとも思えました。
徳島のテーマは「子どもの未来」
「毎日のおうちのご飯が子どもの未来をつくる」との想いで
毎日のおうちのご飯を「食材を使っておうちで作って食べる」ことを
応援したい!
この想いを3分間スピーチしました。
うまく言えてないけど、この時は一生懸命言いました!
それがこの動画です。
ここをクリック
このことに賛同いただけるようでしたら、投票お願いします。
投票はここから
おうえんフェスに出て、びっくりしたこと。
熱い想いで動いている人がたくさんいるっていうこと。
皆さんの3分間スピーチ、熱いです。
はっきり言って、私よりも熱い!!
ここで、投票してください、とか言うのって
人と比べる、ってことが大嫌いなわたしにとって、これは非常に苦手なこと。
やってみてはっきりわかりました!!
次からは出ません!(笑)
でも、数字に出るので、ご賛同いただけたら投票お願いします
このおうえんフェスを通して、こんなにも想いを持つ人がたくさん
いることを知ってほしい。
興味をもった人を応援してください!
応援が力になります。そして応援することによってつながってください。
3.11 応援の日
Pocket

2018-02-06 | blog

伊吹島へ行ってきました2

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

伊吹島:瀬戸内海の中央に浮かぶ、「いりこ」で有名な島です。

だしソムリエの現地視察企画の下見のため、伊吹島へ行きました。

漁協さんでの打ち合わせを終え、島を案内していただきました。

その時の模様は、こちら⇒伊吹島へいってきました

案内して下さったのは、伊吹島研究会代表世話人の三好さん!
だしソムリエ現地視察でもお世話になっています。

三好さんの軽4バンに乗って伊吹島の坂道を駆け上がります。

もう、すれすれの道!車が通れないからと、石柱を削ってあるところ

もあった!

伊吹島は、

そして、着いたところがここ、伊吹島民俗資料館

廃校になった再利用しています。

 

伊吹島は、瀬戸内海の中央に位置し、昔から漁業が盛んな島でした。

なんと、平安時代から京都の石清水八幡宮の荘園とされていたそうです。

京都や大阪との行き来も盛んだったためか、文化的にも発展していました。

お正月のお飾りのみごとなこと!

 

 

ここでも塩漬けにしたお魚(鯛)をお飾りにするお正月さんを発見!
西伊豆に残る、塩かつお。実は徳島の県南にも塩漬けのかつおや鯛を

お正月に飾る風習が残っていることを知り、興味をもって見ていました。

塩漬けにするための樽

 

 

また、伊吹島は日本最古のアクセントが残る島として、言語学的にも貴重な

存在なんだそうです。平安時代の頃からの日本語のアクセントだそうです。

 

 

かつては4,000人以上住んでいた伊吹島も今は600人ほど。

いりこも本来、6月~9月の間に漁にでるはずが、漁獲高が減り、獲れなくなっているのと、

ガソリン代の値上がりも問題です。

日本の漁業については、もっと私たち消費者も知っていかないといけないと思います。

もっと詳しく知りたい方は

http://www.kagawa-u.ac.jp/setouchi/h26kouen03miyoshi.pdf

 

 

 

 

Pocket

2018-01-25 | blog

出張だし授業2

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

2017年11月に中学校の家庭科の時間にだし教室をしました。

今回は、「野菜のだし」

 

 

 

その時の模様を派遣元でもある、とくしま県民活動プラザさんに

ご紹介いただきました。

 

【出前授業】相生中学校で出前授業を行いました。

 

お野菜を切って、重ねて、蒸して・・・。

お味噌汁と、しのだ焼き(油揚げに挟んで焼く)を作りました。

みんな、真剣に楽しく聞いていただきました。

 

先生のホワイトボードを使った授業や、完璧な板書を準備くださり、

スムーズにできました。

 

楽しかったです♪

 

Pocket

2018-01-20 | blog, Lesson

赤ちゃんのための味噌汁教室

Pocket

こんにちは。だしキッチンまんまるの河口です。

赤ちゃんのための味噌汁教室」を開催します。

 

味噌汁は出汁、みそ、具材でできています。

出汁を知って和食の基本をおさえ、

味噌を知って調味料の基本をおさえ

具材を知って食材の基本をおさえることができます。

 

正に食の入門にぴったりで、お味噌汁が上手にできると

食事も整います。

 

今、お味噌汁がおいしくできるだしパックの開発をしています。

だしパックを作るにあたり考えたことは、

「まずは美味しいみそ汁が作れるようになってほしい。

そのためにはおいしい出汁をとって作ってほしい。

そして出汁が身近になってほしい。」

ということ。

そして、

・このだしパックを使ってほしい人は誰?

妊婦さんや離乳食が始まる赤ちゃんのお母さん

・どうして?

おだしに関心を持つきっかけになる時期だから。

・私は何が知りたいの?

「そのお母さんたちはおだしのどんなところに悩みがあるのか」

ということ。

 

なので、妊産婦さんにずばりそのお悩みを聞くために

教室をすることにしました。

そして、そのお悩みの答えにこのだしパックはなり得るのか?

聞いてみたいと思います。

 

 

私自身、赤ちゃんの食には悩んでいたから

少しでもお母さんたちが楽になるといいな、

と願っています。

 

今回は、だしパック開発にご協力いただいている、

管理栄養士の南部真也さんとのコラボ企画。

スポーツ栄養を専門にされている南部さんにお願いしたのは、

「ごはんと具だくさん味噌汁」を推奨されているから。

「ごはんと具だくさん味噌汁」を中心にした食事が、

いかに体作りによい効果をもたらすか、そしてその食事の

ためには家族の存在がとても大切なことを伝えられています。

 

お味噌汁を作りたくなる、そんなお話が聞くことができます。

赤ちゃんのための味噌汁教室のご案内はこちら

今後もご要望があれば開催していきたいと思います。

お気軽にご相談ください。

 

 

Pocket

2018-01-16 | blog, Japanese Dashi

伊吹島へ行ってきました

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

 

伊吹島、ご存知ですか?

「いりこ」生産地として全国トップの名を馳せる伊吹島。

「いりこ」とは、カタクチイワシの煮干しのことです。

 

今年の夏、だしソムリエ協会の現地視察に訪れるため、下見と協力依頼

に伊吹島漁協へ。

 

早速箱に入った伊吹いりこを見せてもらいながら、いりこのお話を伺いました。

 

口の開いているいりこ、わかりますか?

口が空いているのは、煮る直前まで生きていた証。

漁場と加工場が近くて、水揚げしてからも素早く茹で揚げから乾燥まで

できるシステムがある伊吹島ならでは!

 

そして、今回新商品のご案内もいただきました!

「オリーブいりこ」

 

箱のロゴもかわいい!

 

小豆島で育ったオリーブの葉っぱを細かくして、巨大なお茶パックに

いれてお湯につけます。

そのお湯でいりこを煮熟(煮る)します。

オリーブの葉っぱの効果で、脂が落ちて上品なお出汁になるそうです。

 

このオリーブの葉っぱ、特許を取られているそうです。

いりこの視察の時に、小豆島にも行きたいな~。

 

いりこは6月から漁がスタートします。

この頃獲れるカタクチイワシは、寒い冬を越しているので

脂がぬけて上質の大羽いりこができます。値段も上質です。

大きいカタクチイワシが産卵して、卵が孵ってちりめんじゃこになります。

そして、成長して かえりちりめん→小羽いりこ→中羽いりこ→大羽いりこ

となります。

 

視察の時のお昼ご飯は漁協さん裏の春日旅館さんで

いただくことになりました。

いりこづくしのお料理をリクエスト。

今から楽しみです!

 

この後、伊吹島を案内していただくのですが、

それはこの次に~。

 

 

 

 

 

Pocket

2018-01-16 | blog

だしパック計画②

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

 

お味噌汁にあうだしパック、

「いりこだし」がいいだろうなぁ

思ったお話しを前回しました

 

いりこはおだしをとるのが簡単なんです。

お水につけておくだけでいいから。

 

だから、いりこのだしパックというのは必要なのか?

 

という疑問が湧いてきました。

 

かつての私は、いりこがよくわからず

だしパックを使っていました。

 

それは、

・分量がはっきりして安心

・お鍋に入れて、煮出したらそのまま捨てられる

・これがあればだしがとれる、という約束されたものだから

という理由から。

 

だから、「素材でだしをとる」ことがよくわからないけど

「だしをとりたい」私には、だしパックは必要な過程だったんだ

と思います。

 

そう考えると、「いりこ」の入っただしパックもアリなのか?

と思えてきました。

 

私の仕事はだしキッチンまんまるで、だしを自在に使う人を増やすことです。

だしを身近に感じるツールとして、だしパックがあるならばそれを作ってみよう。

 

そして、いずれ「だしは素材からとれるわ」というようになればいいな~。

 

 

と、だしパック構想はできてきました・・・。

 

が、しかし

 

 

いりこ出汁のとり方は教えることができるけど、

だしパックなどの商品を作るのは

したことない!!!

 

そもそも商品を作るお金もないし!

 

と、そこへタイミングよくあるイベントを紹介していただきました。

 

つづく

 

 

 

 

Pocket

2018-01-02 | blog

だしについて思うこと

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

 

だしキッチンまんまるは、だしのとり方やだしを使った料理の教室です。

外国人向けにスタートしたところ、日本人向けに!とのお声が多くいただいて

おります。

 

私がだしに興味をもったのは、中学生のときでした。

子どものときから、食事作りをしないといけなかった私は、

料理本(今日の料理や暮しの手帖)を見ながら作っていました。

料理番組も大好きだったので、もともと食べることが好きだったんだと

思います。

 

レシピを見ながら作っていると、

「だし  大さじ2」

と書いてあります。

「だし?」

どうやって作るの?

「だし」は昆布とかつお節でとる?

いやいや、大さじ2のために作れないし。

 

ということで、

当時、我が家では生協の粉末だしが常備されていたので、

水と粉末だしをサッサッとふりかけていました。

 

でも、塩味はついているしなんとなくモヤモヤした気分で

使っていました。

 

高校生くらいになったとき、「だしパック」なるものが登場。

塩が入っていないのと、手軽にだしがとれるので感動した覚えがあります。

(主婦のような高校生ですね(笑))

でも、これも500㏄とかまとまってとらないといけないし、

味も粉末のほうがおいしくできるような気がして

やっぱり

「だし  大さじ2」

の時は水と粉末だしを使っていました。

 

今思うと、私の母も、おでんやお正月のお雑煮を作るときは

昆布とかつお節でだしをとっていました。

大晦日はだしのいい香りがしたのを思い出します。

 

そんなわけで、生協のだしパックを結婚してからも愛用していた

私ですが、あるとき我が家で過ごしていたお姑さんから

「いりこ(煮干し)はつかわないの?」

と聞かれました。

「はい」

と答えると、いりこを買って作ってくれました。

 

このお味噌汁、夫の実家でいただくおいしいお味噌汁の味がしました。

 

「いりこ」、おいしい。

 

でも、イマイチ使い方がわからない。

つけてあるいりこはどうするの?

どのくらい入れるの?

どうやって保存するの?

いつまで食べられるの?

そのままでも食べられるの?

食べるいりこ、お正月の「たつくり」、いろいろ

あるけどどう違うの?

などなど。

 

そんな疑問を持ちながら、おそるおそる作っていました。

 

長女が小5の時、調理実習で「いりこ出汁のお味噌汁」を習ってきました。

 

家に帰ってきてから、家族のために作ってくれました。

几帳面な性格の長女なので、教科書どおりに分量も時間も計って。

これが感動的に美味しかった。

お豆腐とわかめのお味噌汁。

 

いりこ出汁のおいしさを教えてくれたお姑さんと娘に感謝です。

 

 

Pocket

2018-01-02 | blog

だしパック計画①

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

 

いつもお料理教室をさせていただいている木のおもちゃデポーさんの店先で

今年の4月、五平餅を販売しました。

(デポーさんのブログから)

花菱さんのおだしの試飲と井上味噌醤油さんのお味噌の試食もご一緒させていただきました♪

五平餅を焼いている間に、試飲や試食をしてとても和やかな雰囲気で楽しかったなぁ~^^

 

その時に、「徳島の御膳味噌にあうだしパックを探している」というお話を

井上さんから聞きました。

「御膳味噌」

江戸時代に蜂須賀公が味噌職人をたくさん連れてきたことから、味噌作りが盛んになり、

献上される味噌を御膳みそと呼ぶようになったと言われています。

御膳みそは麹歩合が高く、淡色甘口でまろやかな味が特徴です。

 

まろやかで淡い味噌の香りにあうだし・・・真っ先に思い浮かんだのは

「いりこ」でした。

 

 

いりこは水につけておくだけで、だしがでる優れもの。

我が家もお味噌汁にはよく使います。

 

でも、結婚するまでは「いりこ」を使ったことがなかった私。

お魚まるごと入った「いりこ」は、どうやって使えばいいのか、正直、

よくわかっていませんでした。

おいしさと使い方を教えてくれたのは、お姑さんでした。

前日からお水につけて、それをそのままお味噌汁に使う。

 

それだけのことなのに、知っているのと知らないとでは大違いでした。

 

 

私の好きないりこだしは、「いりこ」を水に一晩つけて少し火を入れたら

引き上げてとる方法です。

 

いりこのだしパックはあるけれど、

「いりこ」丸ごと入っているだしパックは

見たことがありませんでした。

だって、「いりこ」を買えばいいから。

 

でも、かつての私のように「いりこ」を袋ごと買うことに

抵抗がある人がいるならば、

よくわからずにスルーしてしまっている人がいるならば、

どうやって伝えればいいんだろう・・・って思ったのです。

 

だしパックになっていると、使ってみようと思う人もいるかな。

「以前の私なら、お味噌汁用に使ってみたいと思ったかもなぁ~」

と、その時は思った程度でした。

 

まさか、自分がまさにそのだしパックを作ることになるなんて

その時は思ってもいませんでした。

 

つづく

 

 

 

 

Pocket

2017-12-25 | Japanese Dashi

雑学大学でだしのお話ししました。

Pocket

こんにちは。

だしキッチンまんまるの河口です。

雑学大学(徳島市文化振興公社主催)で教授デビューしました~

徳島市民ならみんな教授にもなれるし参加も自由、という

ユニークなところです。

クリスマス・イブにもかかわらず、たくさんの方にお越しいただけました~

和食のお話し~おだしとは?~テイスティング

和食は世界無形文化遺産に登録されましたが、その内容と本当の理由、知っていますか?

 

内容についてはここをご参考に。(農水省HPから)

 

まず、世界無形文化遺産に登録されたのは、和食という食べ物ではなくて

和食の文化が対象だということ。

そして、文化遺産に登録される、ということは「絶滅の危機に瀕している」ということ。

実は和食の文化は「絶滅しそうだから、守らなければならない」ものなんです。

 

そう考えると、日々の生活で「だし」を使うことを提案する、という

だしキッチンまんまるがしていることも、とても大切なことなんだなぁ、と

改めて思います。

 

今、進めている「だしパック」のプロジェクトも正に「だし」を身近に

使ってもらいたいから。

新しい家族ができるタイミング(結婚したり、妊娠したり、出産したり・・・)

って、日々の食事を見直すタイミングでもあります。

大切なあの人と自分の健康のため、何を選んでどう調理するのか、

向き合うことになります。

お味噌汁を作るとき、「だしってどうするんだっけ?」

「これでいいのかな?」と思うこと、ありませんか?

そんなとき、「これがあれば安心・安全」と思えるものがあれば、

と考えています。

 

 

Pocket

2017-11-12 | blog

クラウドファンディングについて勉強しました

Pocket

こんにちは。だしキッチンまんまるの河口です。

クラウドファンディング、よく聞くようになりましたね。

参加したこと、ありますか?

 

私は先日、徳島大学のプロジェクト、ジビエソーセージを作るプロジェクトに出資側としてしました。

目標金額に達したそうです。

ジビエソーセージが送られてきます。楽しみです。

 

クラウドファンディングについて勉強しました。

来られたのは、「Ready for」さん。

 

 

クラウドファンディングに大切なことを教えていただきました。

 

一番大切なことは、

「なにを・どうして」したいのか?

自分の言葉でしっかり考えること。

そして、それを誰に届けたいのか。

 

それがきちんと決まれば、あとはおのずと見えてくる。

 

そして、その考えに共感してもらえるように表現していく。

 

そうすると、応援してもらえる事業になっていく・・・

 

のだそうです。

 

さあ、これからスタートすることに

ワクワクドキドキ!

 

 

 

 

 

Pocket

1 2 3 4 5 6 7 8